介護師の資格を取ってお年寄りの力になろう

超高齢社会を支える仕事

介護士と老人

売り手市場の業界

日本は年々高齢者が増加している状況であり、現在では超高齢社会に突入しています。そのため、介護を行なう資格への需要は年々高まっている状況であり、介護福祉士やケアマネージャー、社会福祉士といった介護系の資格が注目されるようになってきています。これらの資格が注目される理由について説明します。注目される一番の理由は介護分野における深刻な人材不足があげられます。高齢者の増加スピードが非常に速いため、人材確保が追いつかないことが大きな原因です。日本は高齢化と同時に少子化も進んでいます。そのため、労働者人口が減少傾向にあり、さらに人材確保が難しい状況となっています。人材不足と同時に問題となっているのが、介護サービスの質の問題です。人材が確保できたとしてもサービスの質が悪いのであれば、利用者にとっては不利益しかありません。介護福祉士やケアマネージャーは国家資格であり、取得する為には豊富な実務経験や知識が必要とされます。これらの資格を持った人がサービスを提供してくれるのであれば、利用者としても安心することができます。介護分野で資格を持っていることは、キャリアアップしていく上で、非常に重要です。現場で責任ある立場を任されるためには、資格を持っていることが必須です。他のスタッフからの信頼はもちろんのこと、法的な条件を満たす必要もあるからです。施設には人員配置というものがあり、必ず一定数以上の資格保持者を置かなければならないという事情もあります。そのような意味でも資格保持者は職場で必ず必要な存在です。