介護師の資格を取ってお年寄りの力になろう

今後最も需要が高まる職種

部屋

キャリアアップを目指せる

日本は超高齢化社会になり、ますます介護業界の需要が高まってきているといえます。現場ではいつでも求人が多いのも現状です。少しでも良い条件で働くには、資格を持っていると大変有利になります。介護の資格はいくつかあります。入門として、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)があります。実務者研修では介護福祉士の国家試験を受けることができます。介護福祉士は介護職唯一の国家資格で、福祉の三大国家資格のひとつです。ケアマネージャーは、利用者の状態に応じたケアプランを作成する重要職種です。介護の業界では、段階的に資格をとり、キャリアアップすることができます。初任者研修、実務研修では、スクールに通うか、通信講座を受講する方法があります。介護福祉士では、実務経験3年以上および実務者研修を修了してののち、国家試験を受験するか、福祉系高校卒業後、国家試験を受験する、もしくは福祉系の専門学校、短大、大学を卒業し国家試験を受験して、資格を取得する3つの方法があります。ケアマネージャーでは、国家資格取得者、または相談員など5年以上の実務経験者が受験できます。または、国家資格はなくても、福祉施設等で5〜10年の実務経験者に受験することができます。介護界のなかでもいろいろ職種がありますが、介護福祉士、ケアマネージャーは福祉系の仕事の中でも、給与面でも待遇が良くなるので、早めに資格を取得し、キャリアアップを目指す方向で考えるのがおすすめです。