介護師の資格を取ってお年寄りの力になろう

必要とされる知識の習得を

食事

所有しているほうが有利

現在、介護業界はどこでも人手不足で大変なため、「資格がなくても大丈夫」となっている施設も多くあります。何もなくても働けるのはとても魅力的ため、もしかするとそちらで働くことを考えているかもしれません。しかし、必要がないと施設側にいわれたとしても、資格は事前に取得をしておいたほうが良いでしょう。それは、やはり資格を持っていない人材よりも、持っている人材のほうが優遇されることが多いからです。確かに、取得するには費用がかかりますが、介護業界で長く働く予定なら資格がある状態で始めたほうが、将来的には得となるでしょう。なお、資格は色々あり、中には介護のスペシャリストになるために、実務経験や大学や専門学校に通う必要がある資格も存在しています。その一方、簡単な講習を受けるだけで取得できる資格もあるため、まずはそちらを目指すと良いでしょう。ただし、できることならば、現場で必要とされている介護職員初任者研修を取得することを推奨します。こちらは、介護といわれて一般的にイメージする業務をおこなえる資格なので、かなりの汎用性があるのです。しかも、介護職員初任者研修は、最短で1ヶ月あれば取得できるため、本格的な介護をおこないたい方にはピッタリだといえるでしょう。知識なしで働き始めたとしても、給料アップなどを考えると、結局は欲しくなる資格の代表格なので、早めにとっておいたほうが無難です。そして、資格に必要な講座は、全国各地で開かれているため、介護の仕事に飛び込む前に調べることをお勧めします。

超高齢社会を支える仕事

超高齢化社会となり、介護系の資格が注目を集めています。資格保持者は人材不足を解消してくれるだけでなく、質の良いサービスを提供してくれることから、職場にとっても利用者にとっても非常に重要な存在です。また、介護分野でキャリアアップしていくためには、資格を積極的に取得していくことが必要です。

今後最も需要が高まる職種

超高齢化社会の日本において、介護業界の人材の需要は高まるばかりです。少しでもよい条件で働くには、資格の取得が大変有利といえます。介護業界のなかでもいろいろ職種はあります。スクールに通うか通信講座を受講することで得られる資格もありますし、専門学校等に通い国家試験を受けての資格取得方法があります。

働きながら国家試験を受験

一般高校を卒業した人が介護福祉士を目指す場合、実務者研修の資格を取得し、介護施設で3年以上働くことが必要となります。実務者研修は、約6ヶ月の学習で取得できます。その後実務経験を積みながらスクールまたは通信講座で学習し、3年後に国家試験を受験して合格できれば、介護福祉士としての勤務が可能となるのです。